自動巻きの腕時計の歴史について

自動巻の回転する部品機構を追加したロレックスのモデルで1930〜1950年代製造のモデルをバブルバックと呼びます。ハイエンドなダイバーズウォッチにはヘリウムエスケープバルブが装備され、時計内部のガスを自動的に放出して破壊を防ぎます。指定した時間を知らせるアラームを、機械式時計では高速で振動するハンマーで、時計の裏ぶたを叩いて音を出します。

機械式時計の七大機構は、トゥールビヨン、パーペチュアル・カレンダー、レトログラード、パワーリザーブ・インジケーター、ミニッツ・リピーター、スプリットセコンド・クロノグラフ、ムーンフェイズだと言えます。

利便性と都心へのアクセスに優れている
浦和のマンション 子犬のペットショップ ポロシャツのP-1
メガネ工場

文字盤のインデックスは時間を表すマークの事で目盛り、チャプター、アワーマーカーなどとも呼びます。

腕時計のアラームの構造とは

アンクルが振り子のように左右に動いて、先端のツメでガンギ車の動きを制御、調速機構の部品になります。耐磁時計なら強い磁力の場所でも精度に影響を受けないので、発電所や医療関係など磁場の強い特殊な環境で利用できます。

機械式時計では4大複雑機構の一つに数えられる機構がスプリットセコンド・クロノグラフだと言えます。

ノルベゲーゼ・ノルベジェーゼ製法はノーウィージャン製法をドレスシューズに応用した製法のことです。


ケースの素材にはステンレス・スチール(SS)を用いるのが一般的だと言えますがハイテク素材のチタン、セラミック、金など多岐だと言えます。